解説

統治者アメリカを相手に人々が訴えたのは、民主主義とはなんだ?という単純な問いかけだった。

米軍の占領下にあった沖縄で、ひとりのおばぁが起こしたサンマの関税に関する裁判を入口に、自治権をかけて統治者アメリカに挑んだ沖縄の人々ドキュメンタリー。市民と政府の民主主義を巡る闘いに迫ったのは沖縄テレビ。監督は『ちむぐりさ 菜の花の沖縄日記』のプロデューサー、山里孫存。ナビゲーターは、うちな~噺家 志ぃさー、ナレーションを川平慈英が務める。

スタッフプロフィール

  • 山里 孫存

    監督・プロデューサー

    1964年、那覇市生まれ。琉球大学社会学科でマスコミを専攻。学生時代は、琉大映研で8ミリ映画製作に明け暮れた。1989年、沖縄テレビ入社。以後、バラエティーや音楽・情報番組などの企画・演出を手がけ、数多くの番組を制作する。沖縄アクターズスクールと共に制作した音楽番組「BOOMBOOM」は、県内だけでなく、全国各地で放送され話題となった。その後、報道部に異動。これを機に「沖縄戦」に関する取材を始め、戦後60年という節目をむかえた2005年には、米軍が撮影したフィルムの検証と調査を続け「むかし むかし この島で」を制作し多くの賞を受賞。2006年に制作したドキュメンタリー「戦争を笑え 命ぬ御祝事さびら!沖縄・伝説の芸人ブーテン」が、放送文化基金賞ドキュメンタリー番組賞・企画制作賞を受賞した。2010年にはドキュメンタリー「カントクは中学生」を手掛け「ギャラクシー賞・選奨」を受賞。
    2018年にはドキュメンタリー映画「岡本太郎の沖縄」を製作し、現在、全国で公開中の映画「ちむぐりさ 菜の花の沖縄日記」でもプロデューサーを務めた。ディレクターとしての最新作は民教協SP「サンマ デモクラシー」。

  • ナビゲーター

    うちな~噺家・志ぃさー

    ナビゲーター


    1961年、沖縄本島中部の基地の街コザ(現沖縄市)に生まれ育つ。20代の頃、郵便局保険外務員を勤めながら、沖縄の伝説的なお笑い集団「笑築過激団」のメンバーとして活動。お笑いと並行して、沖縄音楽ブームを牽引した「りんけんバンド」のメンバーとしても活躍した。その後、独立して「ひとり芝居」のスタイルを中心に芸を磨き、映画や舞台に出演。2001年にはNHK連続テレビ小説「ちゅらさん」に役者として出演すると共に、沖縄ことば指導を担当した。現在は「うちな〜噺家」として「日本の南の島に住む人々の様子」を伝えるため、芝居とおしゃべり(ゆんたく)で笑いを交えながら、沖縄好きはもちろん、沖縄を知らない人たちにも十分に理解してもらえる舞台を創り、関東を中心に公演を展開している。

  • 川平 慈英

    ナレーター

    1962年、沖縄生まれ。上智大学在学中に学生英語劇連盟のミュージカル『fame』で初舞台。その後、スーパーロックミュージカル『MONKEY』(1986年)や坂東玉三郎演出の『ロミオとジュリエット』(1986年)でミュージカル俳優としてのキャリアをスタート。以降、数々のミュージカルや映像作品で活躍。近年は、三谷幸喜演出の『ショーガール』や、『ビッグ・フィッシュ』の演技が好評を博し、第45回 菊田一夫演劇賞を受賞した。テレビでも、Eテレ『コレナンデ商会』で雑貨店を営む音楽好きの店主“ジェイさん”役で芸達者ぶりを披露しているほか、プロサッカー選手を目指していたほどのサッカー愛を活かし、サッカー中継のナビゲーターとしても絶大なる人気を博している。
    映画「サンマデモクラシー」にも証言者として登場する父・川平朝清は、沖縄初のアナウンサーとして活躍したマスコミ業界のレジェンド。兄はJ-WAVEのナビゲーターとして知られるジョン・カビラ。

物語

沖縄史に埋もれた伝説のサンマ裁判を描き出すノンストップドキュメンタリー

1963年沖縄。祖国復帰を願う沖縄の人々が、日本の味として食べていたサンマ。サンマには輸入関税がかけられていたが、その根拠は琉球列島米国民政府の高等弁務官布令、物品税法を定めた高等弁務官布令十七号(1958年公布)。だが、関税がかかると指定された魚の項目に、サンマの文字はなかった。そこで「関税がかかっているのはおかしい!」と、魚卸業の女将・玉城ウシが、琉球政府を相手に徴収された税金の還付訴訟を起こした。求めた額は、現代の貨幣換算でなんと7000万円。このウシおばぁが起こした“サンマ裁判”は、いつしか統治者アメリカを追い詰める、民主主義を巡る闘いとなった。

裁判を展開した人々の視線の先には、帝王と恐れられた1961年初めから1964年夏まで第3代高等弁務官を務めたポール・W・キャラウェイがいた。 キャラウェイ高等弁務官は、沖縄経済の改革に尽力したが、布令を何度も発令して民衆を縛り付け、本土復帰運動をも弾圧した施政を展開。沖縄のメディアはその猛威をキャラウェイ旋風と名付けた。 キャラウェイ高等弁務官に挑んだウシおばぁのサンマ裁判をきっかけに、その裁判を支えた弁護士であり、大きなことを言うことからラッパと呼ばれた政治家・下里恵良、“米軍(アメリカ)が最も恐れた政治家”・瀬長亀次郎らの行動をたどり、統治者アメリカと自治権をかけて闘った人々の姿を伝える。

コメント

  • 大変面白い映画だ。そしてとても勉強になった。時には笑い時には画面に神経を集中させた。面白いと思ったのは裁判、抗議デモ、米軍基地、日本復帰運動。ともすれば重いテーマになるところをうちな~噺家 志ぃさ―が笑わせながら全編をつないでいるからだ。
    石川文洋
    報道写真家
  • このジェットコースターには乗らなきゃ損! リズミカルなコラージュ映像とポップな曲に載せられて、いつのまにかアメリカ世のワンダーランドに迷い込む。こんなに明るくブラックな時代に引きずり込むなんて、どんな手練れが揃ってるんだ、山里組は!
    三上智恵
    映画監督
  • ドキュメントにミシュランがあれば、僕は3つ星!
    よくぞ過去の食材がそろわない中、
    演出によって観る者を飽きさせず、テンポよくオシャレに、
    悲しい出来事も重過ぎず料理したと思います。トレビアン!
    僕が「洗骨」を撮るキッカケくれた人。
    ずっと沖縄の放送に刺激を与えてきたマゴさんにカリー!!!
    ガレッジセール・ゴリ
    照屋年之
    映画監督
  • とても興味深かった。
    知らなかった世界を知り、それが僕たちの生きる今の社会にもつながっていることがよくわかる。不屈の沖縄の人たちの流れるような展開のドキュメンタリー。キーワードはウシと亀とラッパ。
    キン・シオタニ
    イラストレーター
  • アメリカゆーの琉球の自治は神話だった。サンマ裁判は、恣意的な権力に抗い、真の自治を勝ち取る闘いだった。
    この闘いの歴史を日米の国民は知るべきだ。沖縄は今も闘っているのだから。
    前川喜平
    元文部科学事務次官
コメント

劇場情報

  • ポレポレ東中野
  • 桜坂劇場
2021年6月23日現在
※上映劇場・日程が変更となる場合がありますので、
鑑賞の前に必ず各劇場にご確認ください。
地域 劇場 電話番号 公開日
東京都中野区 ポレポレ東中野 03-3371-0088 7月17日(土)
東京都目黒区 東京都写真美術館ホール 03-3280-0031 8月7日(土)
神奈川県横浜市 横浜シネマ・ジャック&ベティ 045-243-9800 近日公開
神奈川県厚木市 あつぎのえいがかんkiki 046-240-0600 近日公開
群馬県 シネマテークたかさき 027-325-1744 近日公開
新潟県 高田世界館 052-733-3959 近日公開
愛知県 名古屋シネマテーク 025-520-7442 近日公開
京都府 京都シネマ 075-353-4723 8月13日(金)
大阪府 第七藝術劇場 06-6302-2073 7月31日(土)
兵庫県 元町映画館 082-231-1001 近日公開
岡山県 シネマ・クレール 086-231-0019 近日公開
広島県 横川シネマ 078-366-2636 近日公開
福岡県 KBCシネマ 092-751-4268 7月23日(金)
沖縄県那覇市 桜坂劇場 098-860-9555 7月3日(土)
沖縄県宮古島市 よしもと南の島パニパニシネマ 0980-75-3215 7月17日(土)
Pagetop